週刊文春 電子版

「三谷殿の13人」は誰だ? 京香を抑えて1位はあの男

鎌倉殿の13の㊙︎

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 鎌倉殿には、三谷作品の常連が坂東にも平家にも朝廷にも……。そこで三谷氏が脚本を手掛けたドラマ・映画の計45本に及ぶ映像作品から、出演数順に「三谷殿の13人」を選出!

“当て書きの達人”と言われる(写真=小社)

 13位(5本)は、佐藤B作(三浦義澄)と野仲イサオ(二階堂行政)。12位(6本)は、大泉洋(源頼朝)だ。大泉は「三谷作品への参加は数年に1度のご褒美」と語っている。

「三谷も『大河はギャラが安いのに、忙しくて他の仕事ができない』とボヤきながら、『頼朝を大泉さんが演じるとなれば、誰にも渡したくない』と話していました」(NHK関係者)

 10位(8本)は、迫田孝也(さこだたかや)(源範頼)と八嶋智人(やしまのりと)(武田信義)。頼朝の弟を演じる迫田はいまや連ドラに欠かせない名脇役の1人となったが、彼を見出したのが三谷氏だった。

「再現ドラマの仕事ばかりだった頃に、三谷監督の映画『ザ・マジックアワー』(08年)のオーディションに合格。『真田丸』(16年)でも、主人公の幼馴染で、やがて敵方となる矢沢三十郎頼幸の演技が高く評価されました」(同前)

 8位(9本)は、相島一之(運慶)と佐藤浩市(上総広常)。ある時、三谷氏は佐藤についてこう語っていたという。

「AかBかで悩んだ時、瞬時に判断するのが演出家の仕事。でも、浩市さんがいたら、どっちが良いか聞いてしまうと思う」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる