週刊文春 電子版

菅田将暉 シン義経を生んだ「女にロックオン」とは

鎌倉殿の13の㊙︎

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「私も泣いた……」

 そんな声が続出したのが、5月22日放送の20話。兄・頼朝の策で、源義経が非業の死を遂げた回だ。

 義経を演じたのは、菅田将暉(29)。殺陣・武術指導の辻井啓伺氏が明かす。

「弓を引くシーンなんかは僕らが『もういいんじゃない?』と言っても、『指導をお願いします』と。それだけ作品にかける思いが強いんだと感じましたね」

歌手としても活躍する菅田(「鎌倉殿」インスタより)

 義経の兄・義円を演じた成河も「菅田君のセリフや所作は本当に自然でした」と語るが、NHK関係者はこう振り返る。

「今回の義経は、騙し討ちも厭わず、クレージーな感じが漂う“シン義経”。菅田自身も『今回の役は今までで一番難しかった』と洩らしていました。義経は劇中、愛妾・静御前に一目惚れします。チーフ演出は演技に拘(こだわ)る菅田に『義経は、気に入った女性に“ロックオン”するタイプ』とポイントを伝えていました」

 そんな菅田は私生活でも女性に「ロックオンするタイプ」なようで、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる