週刊文春 電子版

実は親友 宮沢りえは小池栄子の夫に肩車されていた

鎌倉殿の13の㊙︎

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 北条政子を演じる小池栄子(41)と、時政の後妻で政子の継母・りくを演じる宮沢りえ(49)。2人には意外な共通項がある。

グラビアアイドルだった小池(「鎌倉殿」インスタより)

 頼朝の浮気で、愛妾・亀の家が燃やされる「亀の前事件」を描いた12話。りくが、兄に亀の家を打ち壊すよう頼む時に見せたウインクが話題となった。

「宮沢さん本人は『ウインクしたつもりはないんだけどなぁ』と苦笑していました」(NHK関係者)

 チャーミングな宮沢の姿に、小池はこう呟いた。

「“母上”はああいうところが敵わないのよねぇ」

 実は、2人は10年近くにわたって親交を深めてきた仲。小池の知人が明かす。

「小池は13年に舞台『今ひとたびの修羅』で共演した時、宮沢が演出家に『ダメ出しを下さい!』と伝える姿に感動していました。以降、憧れの女優に必ず名を挙げている。そんな小池を宮沢も『栄子』と呼んで可愛がっています。小池は07年にプロレスラーの坂田亘と結婚しましたが、宮沢が前夫との間の娘を連れ、4人で遊んだりもしていました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる