週刊文春 電子版

「75歳の壁」を超える《眼》

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル

▶︎眼の病いをチェックする  片目カレンダー  お月見
▶︎白内障  予防に使える紫外線カット眼鏡、日傘
▶︎白内障  進行を遅らせる「ほうれん草」「青汁」

 先週号で識者たちが指摘した「75歳の壁」。75歳以上になると脳疾患、認知症、要介護などのリスクが、それまでに比べ、いずれも2倍以上に上昇する。

 

 それを乗りこえるための食事や薬との付き合い方、歯のメンテナンス……。

 だが、心がけねばならないことはまだまだある。まずは五感。とりわけ眼だ。

「眼からの情報は脳が得る情報の大半を占める。よく見えないことは転倒を引き起こしたり、認知機能に影響を及ぼしたりする。視力の低下は“万病のもと”です」

 そう語るのは奈良県立医科大学の緒方奈保子教授。同大学の研究で、視力の低下が認知症リスクを2〜3倍に高めることが分かった。

 今、この記事がなんとなく読みづらいという読者もいるはず。それだけならただの老眼かもしれないが、壁のカレンダーを、50センチ離れて片目ずつで見てみよう。線が歪む、文字が見えづらい、欠けて見える……などの違和感があれば、なんらかの眼の病気の可能性がある。なかでも誰もが直面するのが白内障だ。みさき眼科クリニックの石岡みさき院長が解説する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月30日号

文春リークス
閉じる