週刊文春 電子版

いい人に戻った髙嶋政伸55歳の名前が「事件です!」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「黒島さんは店に来て3年目、6年目と立ち振る舞いや落ち着きぶりを演じ分けていてスゴい!」

 放送中のNHK朝ドラ「ちむどんどん」。ヒロインの黒島結菜を周囲に絶賛するのは、25年ぶりに朝ドラ出演中の髙嶋政伸だ。

シェフ役は2度目となる髙嶋政伸

 髙嶋はヒロインが働くイタリアンレストランの料理長・二ツ橋光二役。

「黒島は、オーナー役の原田美枝子に好意を抱く姿など、髙嶋のコミカルな演技が好きで、テストでは『面白いですね!』と感心していました」(ドラマ関係者)

朝ドラ「ちむどんどん」より

 髙嶋のドラマデビューも、1988年の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」。両親は高島忠夫と寿美花代、兄は政宏という“高島ファミリー”の末っ子として、当初は爽やかな役が多かった。

「実直な新人ホテルマンを演じ、『姉さん、事件です!』のセリフで有名な『HOTEL』(90年、TBS系)はシーズン5まで続く大ヒット。その後も新人弁護士などの好青年役が続きました」(スポーツ紙記者)

 私生活では08年に女優の美元と結婚するが、泥沼訴訟の末、12年に離婚。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月30日号

文春リークス
閉じる