週刊文春 電子版

なんと息の合ったコンビか! 爆笑問題田中が大喜利に初挑戦

テレビ健康診断

てれびのスキマ

連載

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 波田陽区、パッション屋良、レギュラー、ザブングル加藤、ガリットチュウ福島といった、かつて一世を風靡した芸人たちの“現在”に密着し、彼らが行っている意外な“副業”などからクイズを出題するというのが『爆問×伯山の刺さルール!』(テレビ朝日)だ。もともとは、同じ爆笑問題と神田伯山で『まさかのルールはなぜできた!? 作画プレゼン!刺さルール』というタイトルで芸人たちが実在する変なルールを自作のイラストや紙芝居でプレゼンする番組だったが、今年4月から大幅にリニューアルされたものだ。

 進行を伯山と元・乃木坂46の新内眞衣が務め、爆笑問題はレギュラーのヒコロヒー、霜降り明星せいや、ニューヨーク嶋佐らとともに回答者として参加している。これは実は異例なことだ。なぜならこの番組におけるクイズは、明確に「大喜利」として出題されている。つまり、大喜利に爆笑問題が参加しているのだ。太田はともかく、田中はこれまで大喜利が苦手でずっと避けてきたことを公言していた。だから芸歴30年以上にもかかわらず、ガッツリとした大喜利企画は「初挑戦」だと言うのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月30日号

文春リークス
閉じる