週刊文春 電子版

『相棒』寺脇康文「衝撃復活」 水谷豊から昨年、直電が…

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「杉下右京の“最強の相棒”は寺脇康文だとずっと思っています。60歳になった彼がどんな薫ちゃんを作り、豊さんがどう応えるのか。とにかく楽しみです」

 22年前のスタート時から監督を務めていた和泉聖治氏は思わず、少年のような笑みを浮かべた。

〈寺脇康文が5代目「相棒」に決定 14年ぶりタッグ〉

 6月23日朝、還暦を迎えた寺脇が、再び水谷豊(69)演じる警視庁特命係の刑事・杉下の最初の相棒・亀山薫役を演じることが発表された。“衝撃の復活劇”はテレ朝局内でもトップシークレットで進められたという。制作スタッフの話。

「クランクインは7月20日を予定していますが“新相棒”発表を隠すために、台本も企画書もスタッフには解禁当日まで渡されず、何の準備もできなかった。これから急ピッチで、寝ずに撮影準備です(笑)」

待望の復帰となった寺脇

 いまやテレ朝の看板となった『相棒』シリーズは、2000年に始まった。土曜の夜9時の2時間ドラマ枠『土曜ワイド劇場』の単発作品だったが、20%超の視聴率を叩き出し、毎週水曜夜9時の連ドラに“格上げ”となった。それ以降、10月から3月まで毎年2クール連続で放送を続ける超人気ドラマである。和泉氏が当時を振り返る。

「最初は豊さんも手探りで『杉下右京はどういう人間だろう』って悩んでいた。私たちと『英国調がいいのでは』『サスペンダーはどうでしょう』『飲み物は紅茶ですね』『じゃあ薫ちゃんは缶のアイスコーヒー』と話し合いながら、キャラクターを作り上げていきました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月7日号

文春リークス
閉じる