週刊文春 電子版

出口治明74歳「僕の脳出血闘病500日」

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療

 本誌連載「0から学ぶ『日本史』講義」でおなじみの出口治明APU学長が倒れたのは2021年1月。後遺症は半身麻痺と言語障害。その失意の底から、職場復帰を目指し復活を遂げるまでの闘病の日々を出口氏が語った。

倒れる前は病気知らずだった出口氏

《9日午前に急遽入院・療養が必要となりました。予定していた取材はキャンセルさせて頂きたく、お願い致します》
 2021年1月、立命館アジア太平洋大学(APU)学長室から送られたメールは、「0(ゼロ)から学ぶ『日本史』講義」の取材を数日後に控えた出口治明氏(74)の、突然の不調を伝えていた。
 それから1年半。昨年4月から休載していた本連載は、再開に向けて動き始めている。その日を前に、出口氏が「闘病とリハビリの500日」を本誌に語った。

学長室からリモート取材に応じた

 昨年1月9日――その日は母の四十九日法要の日でした。

 僕は前日8日にAPUキャンパスがある大分県の別府から福岡市内のホテルに移動して、翌朝、新幹線で故郷の三重に向かうつもりでした。

 ところが朝6時ごろ、急に気分が悪くなりました。これまで経験したことのない不調――そう感じてすぐに救急車を呼びました。

 救急隊員に運び出されると、僕は車内のストレッチャーの上で横になりながら、受け入れ先を問い合わせる隊員の声を聞いていました。搬送が決まったのは2軒目。僕はそこで意識を失いました。

 記憶が戻ったのはそれから数時間後です。病室のベッドにいました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月7日号

文春リークス
閉じる