週刊文春 電子版

藤田菜七子騎手24歳 うれし恥ずかし“乗り替わり愛”〈撮〉

武者修行中に…

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 朝の琵琶湖畔を悠々と走り抜けた大型SUVは、やがて駅前の通りに軽快なエンジン音を響かせた。運転席の男性が微笑むと、隣に座るJRAの騎手・藤田菜七子(24)もまた、笑顔で応じる。気怠そうに列をなす通勤の車を横目に、2人が乗ったSUVは、とあるマンションの駐車場へと吸い込まれていった――。

助手席で楽し気に笑う藤田

 藤田がJRA史上7人目の女性騎手となったのは2016年、18歳のときのこと。16年ぶりとなる女性騎手の誕生と、その可憐なルックスも相まって、たちまち“菜七子フィーバー”が巻き起こる。3月に迎えたデビュー戦には63社、137人もの報道陣が詰めかけた。

「当初は『まだ結果も出していないのに』と、注目されることに悩んでいた。だが、師匠である根本康広調教師のもと才能を開花させ、着実に実績を積み上げていきました」(競馬担当記者)

 彼女は、これまで女性騎手が成しえなかったGⅠ騎乗、重賞制覇など、次々と女性騎手のレコードを塗り替えていった。19年には獲得賞金額は6億円を超え、年収も6000万円を突破。そして、20年にはJRA通算100勝を達成した。

 だが、2度にわたる骨折の影響もあり、19年の43勝をピークに、ここ2年の年間勝利数は右肩下がり。昨年の年収は、約2600万円に落ちた。

 スランプに陥った藤田が考えたのが、拠点である茨城県の美浦トレーニング・センターを離れ、“武者修行”に出ることだった。

出身も美浦のある茨城県

 今年3月、〈これまでの藤田菜七子を1度、白紙に戻して、もう1度、ゼロから作り直そう〉(『TV Bros.WEB』22年5月号)と、滋賀県の栗東トレーニング・センターに、単身で乗り込んだのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる