週刊文春 電子版

潜入!疼く記者会見|みうらじゅん

人生エロエロ 第492回

みうら じゅん

連載

エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 記者会見は今や、政治家や企業の謝罪会見のイメージが強いけど、あれはいつ頃だったっけか、僕が漫画家としてデビューした年と同じだから’80年。思い出すだけでも股間がズキズキ疼いてしまう記者会見があった。

 僕はそれをエロ本の映画紹介ページで見たんだ。

 作品名は『団鬼六(だんおにろく) 白衣縄地獄』。しかし、それは平安時代の僧侶・源信が著した“往生要集”に登場した地獄という概念とはちと意味合いが違う。いわゆるSMものなのである。

 前年、日活ロマンポルノ界で“SMの女王”と呼ばれた谷ナオミさんの惜しまれる引退があり、本作は心機一転、これが初主演となる麻吹(まぶき)淳子さん(MJ)が抜擢された。だから、この記者会見は二代目SMの女王襲名披露も兼ねていたのだ。

 冠に付く“団鬼六”はSM文豪で、かつこの映画の原作者。Official髭男dism(ヒゲダン)よりずっと昔から、オニダンで通ってる(嘘だけど)。

 そんな団さんは「谷ナオミがマリリン・モンローなら、麻吹淳子はイングリッド・バーグマン」との名言を残しているが、今の人には“わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ”(BY松鶴家千とせ)。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月21日号

文春リークス
閉じる