週刊文春 電子版

星野監督、野村監督に学ぶリーダー論|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第51回

三木谷 浩史

連載

ビジネス 企業

 5月24日、アメリカ南部テキサス州の小学校で児童ら21人が亡くなる凄惨な銃乱射事件が起きた。NBAゴールデンステート・ウォリアーズのスティーブ・カーヘッドコーチはこの日、試合前のインタビューでこんな言葉を口にしていた。

「今日はバスケットの話はしない。そんな話はどうでもいいんだ」

 ゴールデンステート・ウォリアーズは今シーズン、NBAファイナルで優勝したチーム。ただ、3年前は最下位だった。そこからチームを復活させたスティーブの発言は、スポーツの枠を超えてアメリカ全土に伝播する力を持っていた。アメリカにおいて人気プロスポーツチームのリーダーが、社会におけるインフルエンサーとして存在感を持っていることを改めて見せつけられた思いがある。

 そんな影響力を持つリーダーは日本にもいた。今回は、僕が球団経営の中で出会った「名将」たちのことを綴ってみたい。彼らもまた、カーヘッドコーチのように、スポーツの世界のみならず、ビジネスや社会にまで大きなインパクトを与えるような人たちだった。

 中でも特筆すべきは、野村克也監督と星野仙一監督である。

 幼い頃から一日の大半を練習に費やしてきた野球選手は、野球以外の世界をきちんと学ぶ機会がどうしても少なくなるものだ。だけど、お二人はそうした「野球だけの人」ではなかった。

楽天キャンプのブルペンで談笑する2人の名将

野村さんから教わった哲学

 2006年からチームを率いてくれた野村さんは阪神タイガースの監督を退いた後は一度プロ野球の世界から離れ、社会人野球の監督などを務めていた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月21日号

文春リークス
閉じる