週刊文春 電子版

秋山翔吾(広島東洋カープ 外野手)「選手として長くやりたいし、球団本部長から、目標にしている2000本安打達成という話をしてもらって嬉しかった」|鷲田康

野球の言葉学 第626回

鷲田 康

連載

エンタメ スポーツ

 日本球界復帰を決めた秋山翔吾外野手(34)の広島入団は、球界関係者にとっては予想外の決断だった。

メジャーでは2年で打率.224と振るわず

 秋山がサンディエゴ・パドレス傘下の3A・エルパソを自由契約となったのは6月16日(日本時間17日)。直後に日本球界復帰の意思が伝わると、まず名乗りを上げたのが西武とソフトバンクの2球団。そこに割って入った形となったのが、広島だったのである。

 西武は古巣。渋チンで有名なカープがマネーゲームでソフトバンクに勝てる訳もない。この突然の秋山争奪戦への参戦に「無理だろう」というのが、球界関係者の一様な反応だった。

 しかし結果は大逆転だ。

「選手として長くやりたいし、球団本部長から、目標にしている2000本安打達成という話をしてもらって嬉しかった」

 広島入り決断の理由を説明した秋山の言葉学である。

 フラストレーションの溜まる米国での2年半。安打製造機として“イチロー二世”と期待されて乗り込んだが、散々の結果だった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月21日号

文春リークス
閉じる