週刊文春 電子版

青柳晃洋(阪神タイガース 投手)「個人的には悔しい結果でしたけど、打たれたことも経験かなと思う」|鷲田康

野球の言葉学 第628回

鷲田 康

連載

エンタメ スポーツ

 ちょうど1年前、阪神・青柳晃洋投手(28)は絶望の淵に沈んでいた。

 東京五輪野球のオープニングゲームとなったドミニカ共和国戦。同点の7回から青柳は二番手で登板したが、2死1、二塁から左中間を破る先制2点二塁打を浴びてKOされた。さらにノックアウトステージに入っての米国戦でも、同点の5回から1回を投げ、本塁打を含む5安打で3失点して降板した。

青柳の11勝目で、阪神は球団通算5500勝を達成した

 もちろん以降の準決勝、決勝での登板はなく、東京五輪で青柳が残した数字は防御率27.00という惨憺たるものだった。

「日本の球界関係者には国際大会になると“下手投げ神話”があるんです」

 こう語るのはある球界OBだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月4日号

文春リークス
閉じる