週刊文春 電子版

清宮幸太郎(北海道日本ハムファイターズ 内野手)「入ると思わなかったので、自分が一番ビックリしています」|鷲田康

野球の言葉学 第629回

鷲田 康

連載

エンタメ スポーツ

 これは持って生まれたものなのかもしれない。日本ハム・清宮幸太郎内野手(23)が放った、オールスターゲームでは36年振りとなるサヨナラ本塁打。

「入ると思わなかったので、自分が一番ビックリしています」

 福岡PayPayドームの左中間ホームランテラスに飛び込む一撃に、清宮が発した言葉学だった。

日ハム・新庄剛志監督にも「実力がある選手」と褒められた

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる