週刊文春 電子版

佐野恵太(横浜DeNAベイスターズ 外野手)「去年は終盤、消化試合みたいな時期をつくってしまったけど、今年も同じじゃ面白くないですから」|鷲田康

野球の言葉学 第630回

鷲田 康

連載

エンタメ スポーツ

 風雲急を告げるセ・リーグのペナントレース。独走態勢だったヤクルトの前に立ちはだかろうとしているのがハマの番長・三浦大輔監督(48)率いるDeNAだ。7月3日には最大17.5ゲームあったその差を、2カ月弱後の8月20日時点で5ゲーム差まで縮めて猛追している。

「好調ヤクルトの象徴が村上宗隆内野手(22)だとすれば、DeNAの打線を引っ張るのは主将で三番を打つ佐野恵太外野手(27)。個人タイトルでも本塁打と打点はもはや村上の一人旅ですが、その村上の三冠王にストップをかけるとすれば首位打者を争う佐野しかいない。佐野のバットがペナントレースだけでなく、村上の史上最年少の三冠王の行方をも左右することになりそうです」(スポーツ紙デスク)

今季の推定年俸は1億1千万円

 そんなライバル・村上は外れとはいえドラフト1位での入団。他チームを見回しても、主軸打者はほぼドラフト上位指名の選手たちがひしめく。しかしそんなドラフトエリートたちを横目に、佐野は2016年の支配下ドラフトで何と9位指名だった。この年に十二球団から指名された全87人の中で、84番目の選手だったのである。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月1日号

文春リークス
閉じる