週刊文春 電子版

「完全仮想化ネットワーク」とは何か|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第57回

三木谷 浩史

連載

ビジネス 企業

 今年は、携帯キャリアの通信障害が続いている。個人ユーザーの通信はもちろん、物流、交通機関や天気情報などにも影響が生じることもあり、楽天モバイルを展開する僕らとしては、社会に迷惑をかけないよう改めてインフラサービスを提供する重責を感じている。

 一方で楽天モバイルが世界で初めて開発した「完全仮想化ネットワーク」というオープンな仕組みが、通信事業の方向性として正しいという思いも改めて確信した。

 一部の銀行が繰り返してきたシステム障害と同様に、携帯キャリアは自身の持つ基地局のハードウェアをベンダーに外注している。だから、ベンダー起因の大きな障害が起きてしまった時、自社だけでは迅速な対応ができない。それが復旧の遅れや複雑さを招くことは想像に難くない。特に中国企業のハードウェアを利用していた場合、極論を言えば、中国政府がサーバーをダウンさせようと思えば、いつでも簡単に出来てしまうわけだから、安全保障上の問題もあるだろう。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月15日号

文春リークス
閉じる