週刊文春 電子版

離婚後も…倍賞美津子との戦友ダンスとお見舞い 不倫から結婚 最後の妻が批判された“周辺排除”

さらば!アントニオ猪木《女性》

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 スポーツ

 79年の生涯には、本気で惚れた4人の女がいた。最初の妻と出会ったのは1965年。猪木、22歳。

「アメリカ武者修行中だった猪木はホームパーティでスパニッシュ系の黒髪美女のダイアナさんと出会った。事実婚状態で一女をもうけると日本に連れてきたが、生活環境の違いもあり、ほどなくダイアナさんは娘を連れてハワイへ行ってしまった」(スポーツ紙記者)

 それから間もなく出会ったのが2番目の妻となる女優・倍賞美津子(75)だ。

「先輩レスラーの紹介で出会い、猪木の猛アタックが実って71年に婚約発表。京王プラザホテルで開いた披露宴の総額は約1億円でした」(同前)

倍賞との披露宴

 一人娘を授かったが、猪木が事業に失敗。巨額の負債を抱えると、家庭にもヒビが入っていく。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる