「一緒にアイドルをやってくれませんか」。

 亡くなる1カ月前、親しい女性歌手にこう頼み、自らが歌う曲を送った。準備が進む中、恋人俳優の“裏切り”が発覚。遺された曲には…。

 昨年11月18日深夜。その女性は音楽活動を行う友人の電話を鳴らし、秘めていた想いを告白した。

「自分は陰の人間だから天真爛漫なアイドルにはなれないけれども、アイドルグループに入ってみたかった」

 そして、こんなふうに言葉を継いだという。

「死んでからやるんだったら今やろうと思って、私と一緒にアイドルやってくれませんか」

 “世紀のアイドル”の娘として生まれた彼女が亡くなったのは、ちょうど1カ月後のことだった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年10月20日号