ジャノメミシン「訪問販売」営業部員300人に“解雇通告” 「再就職支援はパソナで」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

PICKUP!

ビジネス 企業

「直営店を3月で閉めます」


 9月30日午後、家庭用ミシン国内大手・ジャノメで訪問販売を行う全国の直営店の店長たちに突然、本社からこのような電話があったという。

 東証プライムに上場し、連結売上高429億円、従業員数約3000名(2022年3月期)のジャノメ。ミシンの訪問販売事業の拠点となる直営店は、全国に68カ所展開している。

家庭用ミシン国内最大手・ジャノメ(公式ホームページより)

 ジャノメは1921年創業。「ブラザー」「JUKI」と並び、国内3大ミシンメーカーとも呼ばれるが、2021年時点での世界市場シェアは5位だ。

 また、同社はバブル時代を象徴する経済事件「蛇の目ミシン工業事件」の舞台となった企業としても知られる。

「1990年に表面化した恐喝事件です。蛇の目ミシン工業(当時の社名)の株を買い占め、筆頭株主になっていた仕手筋集団『光進』の小谷光浩氏は1989年、経営陣に株の高値買取りを要求。応じない場合は暴力団に売り渡すと恐喝し、融資の名目で約300億円を脅し取りました。1991年に小谷氏は恐喝容疑で逮捕され、2003年に懲役7年が確定しました」(経済ジャーナリスト)

 その後、小谷氏への融資に応じた当時の経営陣5人も株主代表訴訟を提起され、2008年に最高裁で約583億円の損害賠償命令が確定している。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる