週刊文春 電子版

優勝力士 逸ノ城 “おかみさん殴打”で破門の危機

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 今夏の名古屋場所で初賜杯を抱いた逸ノ城(29)。優勝インタビューでは、はにかみながらこう答えた。

「(この喜びを)親方をはじめおかみさん、いつも支えてくれている皆さんに報告したいです」

 だがこの時、湊親方(元幕内・湊富士)との師弟関係は崩壊していた。

“未完の大器”のまま終わるか

 湊部屋の後援会関係者が明かす。

「実は、今年2月頃から逸ノ城は親方やおかみとほとんど口を利かなくなってしまったんです……」

 モンゴル遊牧民出身の逸ノ城は2010年、鳥取城北高校に相撲留学。14年初場所で初土俵を踏んだ。

「入門時から身長192センチ、200キロ近い体重と恵まれた身体で、デビューから所要5場所の新三役昇進は昭和以降の最速記録。同期の照ノ富士と共に、次世代の横綱候補として期待を集めました」(相撲担当記者)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月17日号

文春リークス
閉じる