週刊文春 電子版

キンプリ滝沢秀明を壊した ジュリー社長“冷血支配”

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 芸能

 ファンにとって悪夢の4日間だった。ジュニアの育成に定評のあった滝沢秀明副社長の退社が判明し、その3日後には人気絶頂キンプリの3人の退所が発表されたのだ。創業者が去って3年。2代目社長は窮地を迎えている。

 

▶ジュリー キンプリに「あなたたちなんか知らない」
▶「政治だよ、政治」滝沢の絶望 昨年から退社交渉
▶ジュリーの焦り 急きょ面談で若手引きとめ工作
▶なにわ男子推し ジュリーの高校生娘が“SNS指導”
▶次の退所は誰? 嵐松本 スノーマン 滝沢を慕う人々

 11月5日、ドラマ『クロサギ』(TBS系)の撮影が都内で行われていた。

 主演のKing&Prince・平野紫耀(25)は、茶色いハーフコートに身を包み、ビルに駆け込むシーンに真剣な表情で挑んでいた。カットがかかり、他の演者とスタッフが話し始める。すると平野は一歩引いた所に立ち、ぼうっと視線を下に落として佇んだ。

「この日は共演の黒島結菜さんと抱き合うシーンを10テイク以上、角度を変えて何度も撮っていました。体力的にも、精神的にもきつかったのか、少し時間が空くと、すぐに奥に引っ込んでいました」(番組スタッフ)

 平野のグループが衝撃の発表をしたのは、その前夜のことであった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月17日号

文春リークス
閉じる