キンプリを待つ民放テレビ「出禁」の闇《リスト付き》

草彅は5年、山Pは声だけ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画 音楽

「久しぶりだなあ、なんだかすごく新鮮」

 来年1月から放送されるドラマ『罠の戦争』(関西テレビ)。撮影現場に現れた草彅剛は、笑顔でこう呟いた。

アカデミー賞俳優の草彅

 2017年9月、草彅は同じSMAPのメンバーだった稲垣吾郎、香取慎吾と共にジャニーズ事務所を退所した。5年以上が経ったいま、ようやく民放での連ドラ主演に返り咲いたのだ。

「クランクイン当初は『久しぶりすぎて戸惑うよ』とご本人は言っていたが、自前のギターを現場に持ち込むなどリラックスしているようでした」(ドラマ関係者)

 同作品は『銭の戦争』(15年)、『嘘の戦争』(17年)に続く戦争シリーズ第3弾。制作は『SMAP×SMAP』をフジテレビと共同制作していた関西テレビだ。

「カンテレと草彅さんは多くのドラマでタッグを組んでおり、彼の退所後から旧知のスタッフたちはずっとシリーズの続編を作りたがっていた。今回、ようやくそれが叶ったのです」(同前)

 一方、昨年退所した森田剛は来年1月、連ドラ『インフォーマ』に出演する。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年12月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる