週刊文春 電子版

泉ピン子 えなり 不仲だけじゃない 渡鬼最終回に2つの危機

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「だいたい1年に1回ずつやってますからね、3時間で。今度もそれでと思っていたんです。でも3時間の橋田ドラマをやっていくのは、ちょっと今……」

 こう明かすのはプロデューサーの石井ふく子氏(94)。

 4月4日に95歳で亡くなった脚本家・橋田壽賀子氏の国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)が危機を迎えている。

 1990年から連続ドラマとして10シリーズ放送され、その後は年1回特番が放送されてきた「渡鬼」。

 だが、橋田氏は小誌19年10月10日号で、主人公の小島五月役の泉ピン子(73)と長男・眞(しん)役のえなりかずき(36)が共演NGとなっていることを告白していた。

えなりの“アレルギー”は治るか

「一緒に出ると、えなり君がおかしくなるんですって。発疹が出たり」

 橋田氏は2人が直接会わないようにするための脚本作りに苦心したという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月6日・13日号

文春リークス
閉じる