「介護の闇」音声入手「保険不正請求の現場」

短期集中連載

甚野 博則

SCOOP!

ニュース 社会 ライフスタイル ヘルス

 親の介護に直面した元文春記者が当事者として取材し、連載した半年前のルポ「介護の謎」。新シリーズ「介護の闇」では、施設の経営側や働く人々にもさらに取材し、問題点を探る。初回は、介護施設の不正の証拠をスクープ!

 白髪に茶褐色の肌をした男性がベッドに横たわる1枚の写真。大阪市の古びた集合住宅の一室で撮影されたものだ。男性は81歳の木村伸一さん(仮名)。木村さんは、ベッドから1人で起き上がることができず、もう何年も外出していない。入浴も滅多にしておらず、顔にゴキブリが這っていたこともある。チョコパンとミルクコーヒーが好物だったが、毎食後、かなりの頻度で嘔吐してしまう。そのため、床にはシミのような跡がこびり付いて、もう取れない。

横たわる木村さん(仮名)

 排泄や食事を介助される度、「ごめん、ごめん」と弱々しく言葉を発した時期もあるが、今は意思の疎通は困難だ。毎日ベッドから天井を見つめ、時間だけが過ぎていく。木村さんが1人で生活できる状態ではないことは明らかだ。しかし、病院に入院することも、24時間体制の介護施設に入ることもない。

 

 そんな木村さんの自宅を訪ね、訪問介護をしているのが大阪市にある株式会社Bear(以下B社)だ。事業所名を「元気百倍ネット」として福祉事業を展開している。同社の内情をよく知る関係者は、木村さんが介護施設に入所しない理由についてこう明かす。

「B社の社長は木村さんのことを、『カネのなる木』と言ったことがあります。つまり、木村さんが施設に入れば、市から貰える給付がなくなるため、会社が儲からないというわけです」

 さらにこの関係者は、驚くべき証言を続けた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月5日・12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる