宝塚娘役を追い詰めたトップ 真風涼帆の陰湿イジメ 「デブ」「下膨れ顔」と罵倒、正座1時間

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

 小誌先週号の「宝塚 有名演出家の性加害とパワハラ」記事は大きな反響を呼んだが、劇団の“権力者”による驚くべきハラスメントは他にも行われていた。「清く正しく美しく」のモットーの下に隠されてきた“闇”に迫る。

「文春の記事を見て、やっぱり自分だけじゃなかったんだなと……。自分は原田さんから『やめろ、やめろ』と叱責され続け、心が折れてしまい退団しました。同じような思いをする人が二度と出ないように、劇団には変わってほしいです」

 そう訴えるのは、数年前に宝塚歌劇団を退団した20代の元演出助手だ。

 報道後、数多くの内部告発や情報が寄せられている。そこには劇団の絶対的な“権力者”によるハラスメント行為の告発も――。

 小誌は昨年12月28日発売号で「宝塚 有名演出家の性加害とパワハラ」と題する記事を掲載した。同記事では劇団所属の有名演出家・原田諒氏が、20代の演出助手を執拗にホテルに誘い、「君のことを犯してしまうと思う」「一緒に裸で寝よ」などのセクハラ発言を繰り返していた事実や、雪組のトップスターやトップ娘役を「なんもできひんな」「顔でかいねん」などと罵倒していたこと。劇団幹部が当初、原田氏の問題が表面化しないように動いていた様子などを報じた。

 劇団は小誌発売と同日、「ハラスメント事案があったことは確認している」と発表。だが、プライバシー保護を理由に事案の詳細は公表せず、「ハラスメントを行った団員は既に退職した」とのみ公表した。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 2

  • 1

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月19日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる