「タカラジェンヌ(25)自殺の真相」宝塚歌劇団は壮絶イジメを8カ月放置した《内部告発続々》

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 社会 芸能

「マインドが足りない!」「噓つき野郎」「文春なんてどうでもいい」。先輩たちから罵声を浴びせられた彼女は2日後、自ら死を選んだ。小誌が2月に報じたイジメ問題を「事実無根」と断じて放置した宝塚は、自殺後に突如、説明を一変させた。

 9月29日、宝塚大劇場で開幕した宙(そら)組公演「PAGAD(パガド)」。その舞台は、彼女が宝塚歌劇団に捧げた8年余の集大成になるはずだった。

最後に出演した舞台のポスター

 稽古が始まったのは、8月15日。入団7年目の有愛(ありあ)きい(25)は、兵庫県宝塚市にある自宅マンションと宝塚大劇場を繋ぐ宝塚大橋を往復する日々を送っていた。だが、劇場の5階にある稽古場に足を踏み入れた多くの生徒たちは、間もなく宙組に漂う不協和音を肌で感じることになる。

亡くなった有愛きい(劇団公式HPより)

「ちょっと来て」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 1

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月19日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫