11年ぶりとなる小説を上梓した、爆笑問題・太田光さんが登場! 1200枚の長編(村上春樹さんの新刊と同じ枚数!?)を引っ提げた太田さんに、執筆の着想はどこから? 読書好きの原点は? などなど、伺いました。

 

(おおたひかり 爆笑問題。1965年生まれ。埼玉県出身。88年に田中裕二と爆笑問題を結成する。2010年、初の小説となる『マボロシの鳥』を上梓。そのほかに『文明の子』『芸人人語』『違和感』など著書多数。YouTubeチャンネル「爆笑問題のコント テレビの話」は週1回更新中。)

 

阿川 『笑って人類!』(幻冬舎)、めちゃくちゃ面白かった! 分厚くて、実はまだ読みきれてないんですけどね(笑)。

太田 本当? 阿川さんのために書いたからね(笑)。友達の文学者、賞の選考委員をしてる人にささやいておいてくださいよ。直木賞とか、山田風太郎賞とか狙いたいからさ。

阿川 できないよー。でも、長いのにまだあるのかってうんざりするんじゃなくて、どんどん面白くなっていくからお見事! 今回が3作目?

太田 小説は3作目です。『マボロシの鳥』『文明の子』はどちらも短編のつくりなので、長編小説は初ですね。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 1

source : 週刊文春 2023年4月6日号