「監督の契約が5月に切れるんですよね? 弟は、後任のことを凄く心配していました。本人は『もういいよ』って言っていますし、家族としても『もうやめてくれ』って言いたいところなんですけど、どうもなり手がいないみたいで……」

 

 そう明かすのは、侍ジャパン・栗山英樹監督(61)の三歳上の兄、雅樹さんだ。

 帰国後も、自宅を構える北海道栗山町への凱旋やテレビ出演など多忙な日々を送っていた栗山氏。家族への報告を果たせたのは、4月上旬のことだった。

約20年暮らす北海道栗山町に凱旋

 雅樹さんが振り返る。

「大谷翔平君とは特別な関係なんだと、言葉の端々に感じました。例えば(米国との)決勝の前、弟はハッキリ『投げてくれ』とは言わなかったらしい。でも、大谷君が本当に投げる気になってきて、最後は自ら『投げる』と言ってくれた、と。何も言わなくても通じ合える関係なんでしょうね。あと、ヌートバーのお母さんとはLINEで繋がっているらしい(笑)。『仲良くなった』って」

 話題は“第二の人生”を歩み始めた教え子たちにも及んだという。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年4月20日号