新CEOはわずか3カ月で辞任、新たに100店舗が閉店か…高級食パン「乃が美」が創業以来の危機

FCオーナーには「契約解除も辞さない」という通知が

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

ビジネス 企業

「5月12日付で『1週間以内に遅滞したロイヤリティを支払わなければ、FC(フランチャイズチェーン)の契約解除も辞さない』という通知が届きました。このままでは大量閉店は免れません」


 こう語るのは、「高級『生』食パン」の製造販売チェーン「乃が美」のFC店舗のある現役オーナーだ。

有名人御用達の高級食パンとして知られる「乃が美」(公式ホームページより)

 乃が美が創業以来の危機を迎えている。

 乃が美は2013年に設立。“高級食パンブーム”の火付け役となり、「1日5万本売るパン屋」として多くのメディアで話題となった。芸能人にも愛好家が多く、元雨上がり決死隊の宮迫博之、SPEEDの上原多香子、俳優の哀川翔らがお気に入りだと公言していた。最盛期には全国で200超の店舗を運営し、行列ができた。

 ブームがピークを迎えた2019年、創業者らは持株会社乃が美ホールディングス(HD)の株式のおよそ半数を投資ファンド「クレアシオン・キャピタル」に売却。それ以降、クレアシオンが乃が美HDに役員を送り込んでいる。

「クレアシオンの先導で乃が美HDは上場を目指すことに。そのため、一時は店舗従業員の増員など拡大路線をひた走りました」(乃が美関係者)

 だが、ブームに翳りが見え始めた頃にコロナ禍に突入。自粛ムードも相まって客足が遠のき、業績は一気に下降した。そんな中で顕在化したのが、FC店舗のオーナーと本部の対立だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる