週刊文春 電子版

欅坂46「紅白昏倒メンバー」地元で彼氏の家にお泊まりデート

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「無理無理、ムリムリ!」

 欅坂(けやきざか)46の悩めるセンター・平手友梨奈(16)は映画主演の話を聞いた瞬間、大きく首を振り、こう口走ったという。9月公開の映画「響-HIBIKI-」のクランクインは今月末の予定だが、昨年の紅白歌合戦での“過呼吸事件”以降、握手会やライブの欠席は続いており、その体調を関係者も心配しているという。

◆ ◆ ◆

「最初は拒否反応を見せた平手でしたが、原作漫画を気に入ったこともあり、映画主演のオファーを受けることになりました。しかし最近の不安定な様子を見てスタッフからは不安視する声も上がっています。月川翔監督も『(平手の起用は)リスクの大きい選択だと思った』と話していました」(事務所関係者)

 紅白でお茶の間を騒然とさせた“過呼吸事件”。欅坂46はヒット曲「不協和音」を激しいダンスとともに熱唱したが、歌い終わった平手らメンバー3人が次々と倒れてしまったのだ。

「今年に入って平手が公の場に姿を見せたのは、2月のCM発表会見だけ。握手会やテレビのレギュラー番組も全て欠席しています。ここだけの話、彼女は相当疲れていて、『自分だけにスポットライトが当たるのはおかしいと思う』『しばらく欅から離れたい』と洩らしている。運営側は顔色を窺っている状態です」(同前)

 だが平手は3月7日に発売された6枚目のシングル「ガラスを割れ!」のミュージックビデオでもセンターに立ち、力強いダンスを披露。一方で4月6日から3日間開催されたデビュー2周年記念ライブを欠席した。欅坂キャプテンの菅井友香(22)はステージ上でこう宣言している。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年5月3・10日号

文春リークス
閉じる