キムタク 連ドラ決定の裏に「科捜研の工藤静香」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「連ドラ化して挑みましたが、平均世帯視聴率は9.8%と失敗に終わりました。次は“原点回帰”となるようです」(フジテレビ関係者)

 今年4月クールに放送された木村拓哉(50)主演ドラマ「風間公親―教場0―」(フジテレビ系)は、早くも次作が予定されているという。そして、その次のキムタク主演作がすでに――。

主演が引きもきらないキムタク

 宮﨑駿監督の「君たちはどう生きるか」に声優として出演するなど、変わらず話題を振りまく木村。

「ジャニーズ事務所の中でも、完全に特別な存在。藤島ジュリー景子社長も仕事のことには口出しできず、仕事を受けるかどうかのジャッジも完全に本人次第です」(木村を知る人物)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年8月10日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる