【アーカイブ動画】文春事件 26年目のレジェンド記者が明かす“事件取材”の極意

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会
 

■セミナー概要

 石垣篤志、49歳。東電OL殺人事件にはじまり、これまで約100件以上の事件を取材してきた、現場取材のスペシャリストです。

 直近では、

〇“札幌首狩り家族”祖父激白「突然、感情が…」多重人格孫娘の発火点

〇「ネグレクト」「戦争志願」「軍歌」陸自2人射殺犯18歳の暗夜行路

〇長野“名家の長男”が囚われた郷里の呪縛

〇「ルフィは7人いる」連続強盗“予告男”の告白

などを担当。

 さらに過去には、紀州のドン・ファン死亡事件、川崎市中1男子生徒殺害事件、尼崎連続変死事件、早稲田大学スーパーフリー事件、本庄保険金殺人事件など、日本の犯罪史に残る重大事件を取材してきました。

 ときに体力的・精神的負担を強いられることもある事件取材。なぜ彼は、26年間にわたり週刊誌記者を続けられたのか。その原動力はどこにあるのか――。

週刊文春電子版」の有料会員(初月300円)だけがご覧いただける特別セミナー。その記者人生を辿りながら、事件取材の“極意”を学びます。

==アーカイブ動画はこの下にあります==

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる