「小室哲哉は許せない」KEIKOの親族怒りの告発

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽 人生相談

「涙の会見はほとんど嘘」「彼は介護らしいことは何もしていない」と親族は憤る。KEIKOが小4の漢字ドリルをやっているという小室の発言も「侮辱は許せない」。今では日常生活に支障ないレベルまで回復しているという。会見後、小室とは一度も会っていないというKEIKOの近影と本人のメッセージが本誌に寄せられた──。

◆ ◆ ◆

 大分市から南東に約30キロ。豊後水道に向かって1時間ほど車を走らせると、海沿いに武家屋敷や商家が連なる風情ある街並みが現れる。

 風光明媚な城下町として知られる臼杵市は、globeのボーカル・KEIKO(45)が生まれ育った故郷だ。

 6月のある昼下がり。ピンクのパンプスを履いたKEIKOは、市内の石畳の路地にいた。軽やかに歩を進めていた彼女は、出会った親しい知人に活き活きと手を振った。

 KEIKOの親族の了承を得た上で、知人が提供してくれたのがその際の写真である(『週刊文春』2018年7月12日号掲載)。

 知人は、写真を提供した意図をこう語る。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2018年7月12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる