《師匠が明かす秘話》岡田准一 11年前の極秘デビュー試合「特攻隊の役をやるからと……」「事務所にも事後報告」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

エンタメ 芸能

 元V6の岡田准一が15年近く指導を受けるIUMA日本振藩國術館主宰の武術家・中村頼永氏が「週刊文春」の取材に約4時間にわたり初めて応じた(前編はこちら)。


 岡田といえば、今年9月にブラジリアン柔術の世界大会に出場したことが話題になったが、中村氏によると、実はこれより前に“極秘マッチ”に挑戦していたという――。

 それは2013年に公開された映画『永遠の0』の撮影入りを控えた頃のこと。

「ある日、岡田が『試合に出たい』と言ってきたんです。理由を聞くと『これから特攻隊の役をやります』と。要するに、死に向かわなければいけない男の精神状態は、自分の役作りではとても物足りない。格闘技の試合は体力も使うし、打ちどころによっては大怪我、最悪死ぬこともあります。もちろん戦争ほどじゃないけど、自分の全力を尽くして相手と闘う中で、ギリギリの体験をしたいということだったんです。それと、苦しい稽古を積み重ねてくると、格闘技者として自分の実力を試したいという気持ちになる。戦いたいという意欲ですよね。この2つの気持ちで、岡田が僕に懇願してきたんです」

シラフタ選手と戦う岡田(シラフタ選手がInstagramにアップした動画より)

 ただ岡田はアイドル。顔はもちろん身体に怪我をすることは許されない。ましてや、主演映画の撮影を間近に控える中で、怪我の危険性がある実践試合に出ることは前代未聞だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる