ナチス・ドイツと日本|出口治明

0から学ぶ「日本史」講義 近・現代篇 第208回

出口 治明
ライフ 教育 歴史

 前回は日中戦争のはじまりをお話ししました。世界に目を向けると、日本はナチス・ドイツとのかかわりから太平洋戦争へ進んでいく様子が見えてきます。今回はそのナチス・ドイツについて説明しましょう。

 第一次世界大戦後のドイツは民主的なワイマール憲法に基づいた国民主権国家でした。しかし敗戦国として連合国(英仏など)から課せられた総額1320億金マルク、日本円で数百兆円もの賠償金がドイツ経済を圧迫しました(のちに30億金マルクまで減額)。

 さらに世界恐慌で失業者が急増し社会不安が高まります。ここにナチス(国民社会主義ドイツ労働者党)と共産党が支持を集めることになります。

 ナチスはナショナリズムと社会主義、反ユダヤ、反共産主義を掲げていました。1932年7月に行われた選挙で第一党に躍り出ます。33年1月30日にはヒンデンブルク大統領がヒトラー党首を首相に指名しました。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 2

source : 週刊文春 2023年12月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる