週刊文春 電子版

野茂英雄が「借金2500万」で親友・佐野慈紀を訴えた

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 スポーツ

「主文 被告は原告に対し、2565万5000円及び、これに対する平成30年8月11日から支払済みまで年間5%の金利を支払うこと」

 9月20日13時過ぎ、東京地裁405法廷では、ある民事訴訟の判決が裁判長から言い渡されていた。

 原告は元メジャーリーガーの野茂英雄(50)。彼が訴えたのは、近鉄バファローズ時代のチームメート、佐野慈紀(50)だった――。

◆ ◆ ◆

 元近鉄担当記者が振り返る。

「同い年の2人ですが、社会人出身の野茂が、大卒の佐野より1年先に入団しています。入団当初、毎晩のように先輩と飲み歩いていた佐野に対し、すでにエースだった野茂が『このままでは大成しない』と説教。すると佐野は野球に集中し、活躍を始めたのです。その後、仲良くなった2人は、ずっと交流を続けていた。日本球界で敵が多かった野茂にとって、親友と呼べるのは佐野以外にいません」

野茂英雄氏

 野茂の渡米後、佐野は、中継ぎ投手として初の1億円プレイヤーにまで成長。シーズンオフには2人そろって、とんねるずや明石家さんまのバラエティ番組に出演することが恒例行事となっていた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年10月4日号

文春リークス
閉じる