キムタク「不機嫌な王様」vs.草なぎ「奇妙な明るさ」  ドラマ現場対決

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「キムタクドラマは、局内で『最低でも15%』と期待されていました。18%まで伸びると御の字だったけど、結果が出なかった」(TBS関係者)

 SMAP解散後に揃って主演ドラマがスタートした木村拓哉と草彅剛。元メンバー同士が直接対決する新ドラマは「今後を占う試金石」と言われる。だが、初回視聴率はキムタクが14.2%、草彅が11.8%と、ともに振るわなかった。

◆◆◆

 キムタクが米国帰りの天才外科医を演じる「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)。初回は1月15日の日曜9時から25分拡大版で放送された。

「キムタクは視聴率をすごく気にしていて『他局はどんな番組をやるの? やっぱ“行列”が強いでしょ?』と尋ねていました」(ドラマ制作関係者)

 木村が気にかけるのは日本テレビの「行列のできる法律相談所」。15日は夜7時からの3時間SPを放送し17.6%を獲得。プライベートでも木村と親しいMCの明石家さんま(61)が立ちはだかった格好だ。

 木村には数字を意識する理由があったという。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2017年1月26日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる