(ひらののら お笑い芸人。1978年、東京都生まれ。会社員などを経て32歳でデビュー。バブルネタでブレイクを果たす。自身の経験をもとに片づけ指南も行っている。著書『部屋を片づけたら人生のミラーボールが輝きだした。1日15分のノラ式実践法』(KADOKAWA)が好評発売中。)

 

 人生の転機に片づけあり。運勢が開けたと感じる時には、必ずといってよいほど“片づいた部屋”の存在がありました。片づけによって空いたスペースに新しい何かが舞い込む。そんなふうに思うんです。

 肩パッド入りの派手なスーツにソバージュヘア。ショルダーバッグのような大きな携帯電話で「しもしも〜?」。バブリーキャラでブレイクした芸人の平野ノラさんが生まれたのは、バブル景気を10年後に控えた1978年。2歳になるまでは、東京都葛飾区の古いアパートに、不動産会社で働く父と洋裁の仕事をしている母、1つ上の兄の4人で住んでいた。

 ここに住んでいた当時の記憶はないのですが、同じアパートの別の部屋に友達が住んでいて、小学生になってからも遊びに行っていました。そこから想像すると、我が家も二間に台所があるだけの狭い部屋だったのでしょう。

 このアパートの後に住んだのは、同じ葛飾にある新築の都営住宅。ここの抽選に当たらなければ、父の故郷の鹿児島に引っ越す予定だったらしく、それが嫌だった母が執念で引き当てたそうです。

 和室3つに、ダイニングキッチン、お風呂とトイレという何の変哲もない部屋で、六畳に満たない狭いダイニングにドンッと鎮座していたのが、アメリカ製の大きな丸テーブル。洋風の暮らしに憧れていた母が、米軍基地で働いていた叔母に頼んで取り寄せたものです。私の部屋は六畳間だったのですが、広いし押入れもあるからという理由で家族の服を入れたタンスが置かれ、毎日誰かしら入って来るのが煩わしくて。

 この部屋に引っ越した時、近所のアパートに住んでいたいとこに「広い団地でいいなぁ」と言われたのですが、2年後にいとこの家はマイホームを建てて大逆転! 羨ましくて仕方なかったですね。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 1

  • 0

  • 3

source : 週刊文春 2024年6月20日号