5月6日(月祝)

 我が家は年一回の恒例行事に「家族写真」を撮ることにしている。カメラマンは友達のキッチンミノル氏。2012年に真打昇進した折の、AERAの「現代の肖像」の密着撮影が初対面。それ以来親しく付き合っている……というか、キッチンミノルがまとわりついてくる。公演はもちろん、寄席の楽屋にも来るし、海外公演にも自費でついて来たし、お互いの家族で旅行をしたことも。子供たちも大1高1中2と大きくなったので家族写真なんて嫌がりそうなものだが、「あー、そう。キッチンさんならいーよ」と受け入れている。弟子も「キッチンさんは0番弟子ですから」と言う。相手の懐に飛び込むのが上手い。今年も軽い調子で我が家のリビングで撮影、颯爽と帰って行った。最初の頃は向こうから「撮らせて下さい!」と言ってきたのに、近年は「いつ撮るの?」とこちらからお願いしている。写真を並べ見ると確実に老けつつある自分。この日は桜木町で喬太郎師匠との二人会→浅草→上野と寄席をこなす。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 1

source : 週刊文春 2024年6月27日号