松田聖子 独占インタビュー 郷ひろみに訣別を告げた最後の電話――「もう一度読みたい、あのスクープ」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 いずれ劣らぬスーパースター同士の結婚は、やはり実現しなかった。昨年秋、突然秒読みの始まった松田聖子・郷ひろみの結婚劇は過熱する芸能ジャーナリズムをよそに、深刻な齟齬をきたしていたらしいのである。年が明け、「年内挙式」の声も出るなかで、松田聖子はついに意を決して、「破談」に至った事情を語りはじめた――。

※「週刊文春」創刊60周年企画「もう一度読みたい、あのスクープ記事60本」より、アンケート得票数の高かった記事を特別再録します。本記事は1985年1月31日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

「このことは今月の12日ごろ彼とふたりだけで、何度も電話で話し合いました。そうですね、そのころの話し合いがひとつのポイントになっています。いえ、両親はまったく知らないことだから……。

 これからはね、じゃあ、お互いに違った道を歩みましょう、ということにしたんです。そうですね、そういう結論に達したんです。

 ……やっぱりどうしても私には仕事があったし……まあ、そうですね、あと……離れすぎていたというかね、お互いに話す時間というのも電話で会っていたりというだけで、限られちゃったということが……、そういうのってやっぱり大変ですよね、恋人同士で……。

 それから、なんて言うのかな、例えば本当に結婚しようかなと思った時期に、パッとニューヨークから仕事の話がきちゃったりとかね、ちょっとタイミングがね、せっかく結婚しようと思った時にパッと仕事がきて、ちょっといまは無理だということになっちゃったりね。そうなると、お互いにじゃあどっちが大切なの、というようなことになっちゃったりね。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 1985年1月31日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる