昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文大統領の弱点は#MeTooと良心的兵役回避? 20代韓国人男性の“文離れ”が進む理由

「女性ばかりが優遇され、男性が放置されていると感じている男性が増えている」

2018/12/28

20代男性の“文離れ”の背景には#MeToo運動も

 こうした20代男性の文離れの背景には、北朝鮮をめぐる対応のほかにも、韓国社会で深刻な問題になっている男女の葛藤がある。

 韓国では、昨年、女性優越主義と男性嫌悪を掲げるコミュニティウェブサイト「WOMAD」が設立された。サイト名は、女性のWomanと遊牧民のNomadを合わせた造語だという。

韓国でのデモの様子 ©Getty Images

 中道派の韓国紙記者(男性、40代)はこうした現象をこう見立てる。

「文大統領が女性家族省の来年度の業務報告の席で男女の葛藤に触れるほど若い世代で互いの対立が深刻になっています。

 文大統領は当初から内閣の女性の比率を30%にまで上げると謳うなど女性採用に積極的でした。そこへ、今年は#MeToo運動が吹き荒れ、女性の発言力が高まった。今月7日には女性暴力防止基本法が国会で成立して、巷では『女性と話しただけで逮捕されるんじゃないか』なんて冗談も出るくらい女性ばかりが優遇され、男性が放置されているかのように感じている男性が増えている。

 さらには、改革の一丁目一番地に掲げていた雇用は公務員の非正規職を正規職に格上げしたところから不満がくすぶり始めて、最低賃金の上昇は逆に雇用削減を招いたと批判が噴出しました。経済は一向によくならないし、就職率も上がらない。現政権は対北政策と女性政策にばかり偏っていると失望が膨らんでいたところへ、11月初めには大法院(最高裁判所)で『良心的兵役回避』の無罪が確定し、これが20代男性の文大統領離れの決定打になったのではないかと見ています」

韓国の格差社会を象徴する兵役問題

 良心的兵役回避とは宗教上の事情から兵役を回避すること。政府は大法院の「良心的兵役回避は正当」との判決を受け、良心的な兵役回避をする者には刑務所か消防施設で徴兵軍人の2倍に当たる36カ月服務させるという法案を現在推進中だ。この一連の動きに、徴兵の対象になっている世代とその親の世代も巻き込んで不満が爆発した。

 知り合いの会社員(50代)もこう怒りをぶちまけていた。

「うちの息子は北朝鮮との国境線近くで服務しました。北朝鮮の挑発が続いていた時期でしたから本当に心配でした。大学も中断して、社会に出るのも遅くなる。それが、宗教的理由から兵役を免除されて、しかもそれに代わる服務制度はきちんと整備されていない。刑務所での服務なんて納得できませんよ。余裕がある家は子どもを海外に留学させて、そこで市民権を持たせて兵役を回避させる。貧富の差というのがこういう形で現れるから、韓国では不平等や格差の体感温度が縮まらない」

非武装中立地帯(DMZ)に立つ韓国兵 ©Getty Images

 韓国の20代男性はさまざまな局面でもっとも“割を食った感”“放置された感”を強く持っている層といえそうだ。

与党代表は「進歩派はこれから50年続く」と豪語するが……

 ただし、20代の男性だけが現政権に不満をぶちまけているのではない。前出のWOMADは反文大統領を表明しているし、女性のみのデモを主催していた「不都合な勇気」も12月22日の集会では、「口先だけのフェミニズム」と文大統領を批判した。

別の中道派の韓国紙記者(女性、40代)は言う。

 「女性ばかりが優遇されているといいますが、これまで韓国の女性は、さまざまな局面で蔑ろにされてきました。

 韓国は変化の早い国ですが、女性に関しては取り残されていた。それが、ようやく社会が変わり、勇気を出して声を上げた人を受け入れ始めました。

 ただ、まだまだ男女の葛藤は続くでしょうし、弱者の味方というイメージを持つ文大統領だからこそ、小手先だけの政策だけを続けていれば失望感はより強くなる。

 でも、男性が放置された感を持っているというのはなんと大げさな、と思いますけどね」

 20代男性の不満を解消すべく策を講じれば女性からの批判もいっそう高まることは必至で、文大統領としては今のところ打つ手なしの状態だ。

 進歩派の与党「共に民主党」の李海瓚党代表は、ある席で、「与党(進歩派)はこれから20年いや50年続く」と豪語していたが、20代の彼らが社会のメインストリームとなった時、さて、思い通りの風景が広がっているだろうか。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z