文春オンライン
箱根駅伝、勝負を決めたのは東海大8区“三上の給水”だった――箱根駅伝2019「TVに映らなかった名場面」復路編

箱根駅伝、勝負を決めたのは東海大8区“三上の給水”だった――箱根駅伝2019「TVに映らなかった名場面」復路編

2019/01/05

【7区】青学・林の快走と東海・阪口の猛追

ポール やっぱり2年連続で区間賞を出した青学大の林奎介はすごいですよ。4区を走った東洋大の相澤晃選手もそうですが、彼も馬のような走りでした。いい意味で馬。

7区で2年連続区間賞の青学・林

西本 東海大学の阪口選手はここでトップの東洋に4秒差まで詰めた。

西川 箱根駅伝のメンバー選考に重要な意味を持つ11月の上尾シティハーフでは、スタート前に珍しく弱気だったんですけど、両角監督から「前で行け」って言われて、いいタイムを出したんです。実際、阪口は調子に乗せると力を発揮するタイプで。だからスタート直前に「この区間、おいしくない?」ってメッセージを送っておきました。そうしたら「おいしいですね」って(笑)。

ADVERTISEMENT

西本 ちなみに阪口選手は三大駅伝デビューの出雲駅伝で撮った西川くんとのツーショット写真すごく大事にしてるよね。

西川 なんなんでしょうね(笑)。