昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今からでも間に合う 確定申告に超便利な3つの「Chrome拡張機能」&「スマホアプリ」

2019/03/01

 この時期、SOHO事業者やフリーランスにとって大変なのが確定申告。最近ではブラウザ上で使える確定申告ソフトも増え、かつてに比べると作業の手間は省けるようになりましたが、書類を用意したり、かかった経費を個々に計算するといった準備段階では、依然として多くの工数がかかることに変わりありません。

 今回は、確定申告を行うにあたって重宝する、汎用的なブラウザ拡張機能やスマホアプリを集めてみました。この原稿が掲載される3月頭の時点でこれらのツールを必要としているということは、確定申告の作業自体、かなり切羽詰まった状況にあるはず。少しでも作業を効率的に済ませるためにも、ぜひこれらのツールを試してみてください。

©iStock.com

(1)Amazonの領収書を一気に出力 「アマゾン注文履歴フィルタ」
 

https://chrome.google.com/webstore/detail/jaikhcpoplnhinlglnkmihfdlbamhgig

 最初に紹介するのは、Amazon.co.jpの注文履歴の中から、購入物を条件で絞り込み、領収書を一括で出力できるようにするChrome向けのブラウザ拡張機能です。

 Amazonでは領収書は購入物に添付されておらず、必要に応じてオンラインで出力する必要がありますが、購入点数が多い場合、対象の購入物をピックアップするだけで一苦労です。フリーランスなどで、仕事で使う物品をいつもAmazonで購入している場合、けっこうな手間がかかります。

 このブラウザ拡張機能を使えば、対象月や届け先、キーワードなどの条件で購入物を絞り込むことができ、かつそれらの領収書を一括で出力できるようになりますので、手間が大幅に軽減されます。デジタルおよびデジタル以外での絞り込みも可能ですので、電子書籍のKindleや、Amazonビデオで多数のデジタルコンテンツを購入している場合でも、絞り込みが容易です。

インストールすることでAmazonの注文履歴ページに赤枠の部分が追加され、条件による絞り込みや領収書の一括出力が可能になります