昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/03/14

「胸を残すように頑張ります」と語ったドクター

 私としては、まさかがんになっているとは思っていませんでしたが、英語に自信のない私に付き添う予定になっていた友人は、すでにその時ピンと来ていたようです。

 すぐに出かける準備をし、病院に向かったものの、着いたところで待たされること1時間。

©iStock.com

 この辺りが、アメリカ医療の特異さです。早く来いと言ったのはドクターの方なのに、なぜ、こんなに待たされるんだ!? 半ば不機嫌になりつつ診察室へ……。

 覚悟を決めている友人とは違い、何も心構えがなかった私は、「がんです」と言われた時、とっさに聞き間違いかと思ってしまいました。

「今、がんって言いました?」

 と聞き直したところ、「YES」というドクターの答え。

「あ、合ってた。私の英語力、上がってるじゃん!」

 と自分に感心してしまったくらい、妙に冷静な私がいました。

 

 しかも、摘出した3.2センチの細胞の100パーセントががんで、初期ではないとのことでした。頭の中は「マジ?」でいっぱい。ドラマを見ているみたいで、自分のことではないように感じていました。

 でも、がんの宣告は事実です。担当のドクターは、

「胸を残すように頑張ります」

 と言い、次の治療を促しました。その時は、私も「できるだけ胸を残したいな」と思っていました。

この記事の写真(6枚)