トップ

昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

iPhoneの「長押し裏メニュー」いくつ知ってる? 空白ボタン「長押し」が便利すぎる!

ぜひマスターしたい「空白キーの長押し」

 そしてぜひマスターしておきたいのが、空白キーの長押しでキーボードカーソルを自由に動かせる機能です。空白キーを押したままにすると、キーボード上のテキストラベルがすべて消えた状態になります。この状態で指を上下左右に動かすと、まるでタッチパッドで操作しているように、文字の入力位置を示すカーソルを、上下左右に移動させられます。

空白キーを長押しすることで、キーボードカーソルの位置をスワイプで動かせるモードへと切り替わります

 これを使えば、入力中のテキストに単語を挿入したり、あるいはBackSpaceで削除するなどの作業が、より簡単に行えるようになるというわけです。この機能、以前は3D Touch対応機種のみでしたが、iOS 12以降では対応機種が大幅に拡大され、ほとんどのiPhoneで利用可能になりました。文章編集の効率がグッと向上しますので、ぜひマスターしておきたいところです。

iPhoneの色々なキーを「長押し」してみよう

 もともとスマホはPCと比べると画面が小さいこともあり、他人が操作している様子をじっくり観察する機会はほとんどありません。そのため、傍目には自分と変わらぬ操作をしているように見えて、スマホの上級者ともなると、実はまったく違う操作をしていることもしばしばです。

 今回紹介したiPhoneの長押しテクニックはその典型で、指先の動きだけを離れたところから眺めていても、普通の操作と判別がつきません。操作方法を知っている人だけが、その恩恵を享受できるというわけです。言い換えると、これらの操作をマスターしていけば、より上級者に近づけるということになります。

 上級者の中には、新しいアプリが出てきたり、バージョンアップするたびに、あちこちのキーを長押ししてみて、こうした隠しメニューがないか確かめるのが習慣になっている人もいるとか。今回はコントロールセンターとキーボードの2つに絞って紹介しましたが、iPhoneを使用中にいろいろな場所を長押しして、何が起こるか確かめてみても面白いのではないでしょうか。

iPhoneだけでなくiPadでも、同様に長押しによる操作が行なえます

この記事の写真(13枚)

+全表示
×