昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

イチローを撮り続けたカメラマンが選んだ「メジャー20年、忘れられない10の名場面」

2019/03/30

 3月21日に現役引退したイチロー。メジャー移籍1年目からイチローを撮り続けたカメラマン・田口有史氏が、自ら撮影した「10の名場面」をピックアップする。MLBオフィシャルフォトグラファーの経験も持つ田口氏が見た、イチローヒストリー――。

◆◆◆

【名場面1】メジャー移籍1年目の“素の表情”

 

 イチロー、メジャー移籍1年目のスプリングトレーニングからのカット。僕は93年からアメリカに渡って、95年からメジャーリーグを撮影していたので、イチローのオリックス時代の鮮烈なデビューは知らない。僕はもの凄い数の取材陣が彼を追い回す雰囲気にちょっと引きつつ、また、イチロー自身、若く尖ってもいたと思うので、なかなか素の表情を見せてくれなかった。けれどこの瞬間は、アメリカの楽しい野球を実感している。そんな雰囲気を感じさせる笑顔が撮れた。