昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「羽生結弦が平昌五輪で2連覇したその時、僕は……」ハビエル・フェルナンデスの告白

親友であり、最大のライバルだった彼が“ユヅ”に伝えたかったこと

「何年も一緒にトレーニングしてきたけれど、彼と僕との間の関係はずっと変わりませんでした。結局、最後の最後まで、彼とは激しく競い合うことになりました」

『文藝春秋』5月号の独占インタビューで、フィギュアスケート・羽生結弦(24)との関係性をこう語ったのは、今年1月の欧州選手権で前人未到の7連覇を達成し、現役引退したハビエル・フェルナンデス(28)だ。

銅メダルを獲得したハビエル ©JMPA

 フィギュアスケートがあまり盛んとは言えないスペイン・マドリードに生まれ育ち、欧州の男子フィギュアスケート界をけん引し続けた。2015年、2016年の世界選手権を連覇、2018年の平昌五輪でも銅メダルを獲得した。

 羽生とフェルナンデスは共にカナダ・トロントのクリケットクラブでブライアン・オーサーコーチに師事し続けた親友でもあり、同時に最大のライバルでもあった。フェルナンデスが、カナダにやってきたのは羽生より1年早い2011年のことだった。翌年、彼はここに羽生がやってくるとオーサーコーチから聞かされた。

「君のライバルである羽生結弦選手が、ここに来たいといっているんだが」

 フェルナンデスが振り返る。

「ユヅを引き受ける前に、ブライアンは僕の意見を聞いてくれました。僕は全くためらうことなく100%快諾しました。同じようなレベルのライバルと同じリンクでトレーニングすることで、得るものは大きいとわかっていたからです」