昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/06/23

(ほぼ)全試合観戦、日々のスケジュールは?

 ドラゴンズの試合をほぼ全試合観に行くようになったのは、昨年からで。まず1月、ナゴヤ球場の春季練習に行きます。2月、キャンプにも毎週行くんですよ。本当は1ヶ月ずっと沖縄にいたいんですけど、仕事があるので金曜日の早朝の便で行って日曜日深夜に戻って来て、月〜木まで仕事して。それを毎週(笑)。

 ネットで会議しなきゃいけない場合もあるんで、キャンプ地で球場横の駐車場に停めてあるレンタカーに半日こもっていたこともありました。そして2月最終週からのオープン戦もできる限り全部観に行きます。

 シーズンが始まってからは、たいてい朝5時に自然と目が覚めるので、8時くらいにはお客さんのところ行って、17時には仕事を終えて球場に行きます。たまにデーゲームの二軍試合を観て、夜にナゴヤドームに行くこともありますね。試合日程に合わせて仕事を入れているので、ビジター球場や地方球場をまわる時も現地で朝のうちに仕事を片付けて球場に行っています。秋になったら秋季練習ですね。昨年の秋季練習は朝の9時から夕方5時までほぼ毎日ナゴヤ球場にいました。その後シーズンオフです。オフにも様々なイベント、ディナーショー等があって日程が合えば行きます。

 私、外野最上段から立ち見で見るのが好きなんですよ。目の前を遮られず全体が俯瞰できるんで。それでいつも球場には早い時間から開門待ちしてるんですけど。去年ハマスタでの3連戦では、どうしても名古屋での仕事が断れなかったことがあったんです。だからあの時は午後3時に仕事を終えて、そこから新幹線に乗って。それで試合を最後まで観たら最終の新幹線に間に合わないじゃないですか? だから夜行バスで横浜から名古屋に戻って、翌朝に自宅でシャワーを浴びて、また午後3時まで仕事をして、新幹線で横浜へ……っていうのを3日連続やりました。こんなのふつうはしないですよね(笑)。

 

 最後に。私が中日ドラゴンズを好きになってから、ずっとBクラスが続いていて、思うところや言いたいことはありますけど……。年間140試合も観ていると、その日選手が打てなかった、抑えられなかった、采配でどうこう言う気持ちは無くって。

 ただ、試合の中で、つまんない失敗やってるところを何度も見せられると、それは私凄い怒るんです。そういうのって、やっぱりたくさん見てればわかりますから。一生懸命やってそれで負けたらしょうがない。期待されている結果が出せなかったとしたら、理想と現実にギャップがあるわけでその原因が何で次までにどうしたらいいのかどうすべきか考えて、ちゃんと挽回して期待を超えるようないいプレーを魅せてくれればいいと思ってます。

 もちろん残りの試合も全部行くつもりでいます。私はまだまだファンになって数年程度と浅いですが、いつだってこうやってどんなところにでも応援にきてくれるファンがいる。だから、「頑張ってくれ」。ドラゴンズに言いたいことがあるとしたら、それだけですね。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/12186 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧