昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

滝沢の楽屋でも自宅のようにくつろぐ北山

 SMAPが解散し、嵐が活動休止を発表するなど、大きな転換期を迎えているジャニーズ事務所にあって、北山は、揺れるタレントたちをつなぎ合わせる“キーマン”となりつつある。

「北山はグループを超えて、事務所の中でも存在感を増しています。ジャニーズJr.のプロデュースを手がける『株式会社ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明(37)とも非常に仲が良い。舞台『滝沢歌舞伎』が行われていた新橋演舞場の滝沢の楽屋で、北山はよく自宅のようにくつろいでいました」(ジャニーズ事務所関係者)

タクシーでバーの前に到着。この日北山が履いていたのはストライプ柄のショートパンツ。熱心なファンの間では「最近よく履いているお気に入りのパンツ」として有名だ ©文藝春秋
©文藝春秋

「滝沢イズム」の継承者とも言われている。

「一見、天真爛漫で人の上に立つタイプには見えないのですが、後輩の面倒見がいいんです。世田谷区にある行きつけの居酒屋で、後輩のジャニーズJr.とお酒を飲む事もあります」(同前)

Hey! Say! JUMPのDVDシングル「愛だけがすべて -What do you want?- 」

 2016年のSMAP騒動の最中、滝沢(当時34)は、小誌記者の直撃取材にこう答えていた。

「ウチのタレントは基本、自分自身なんで。タレント本人、一人ひとりが自分の人生を決めて、自分の活動を決めて動いている事務所なので、派閥があろうがなかろうがそんなの関係なくて、自分自身がどういうふうにタレント活動していくか、自分自身をやっていくか」(2016年9月15日)

バーに入っていく4人。個室に通され、朝まで盛り上がった ©文藝春秋

大先輩2人を押さえている北山

 ただ、北山を憎からず思っているのは、滝沢だけはないという。

「Kis-My-Ft2はもともと中居正広(46)の肝煎りのグループで、彼らは今でも数多くのテレビ番組で共演していますが、特に北山は、中居の自宅を訪れて直接薫陶を受けるなど、プライベートでも交流があります。バラエティではMCを務めることも多い北山は、中居を『尊敬する先輩だ』と周囲に話しています」(同前)

©文藝春秋

 結果的に、北山は今後のジャニーズの将来を背負って立つ大先輩2人を押さえているのだという。他の事務所関係者は、「今のKis-My-Ft2があるのは北山の人間力のおかげ」と語る。

「2016年末、SMAP解散などで事務所が揺れた時期がありました。SMAPのマネジャーだった “飯島派”と、現社長の“ジュリー派”に分裂し、タレント同士もギスギスしていた。飯島派だったKis-My-Ft2にとっても、事務所内の派閥争いは人ごとでは済ませられない状況でした」