昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/05

突然、槍玉にあげられて集中砲火に……

 このツイートがここまで炎上した理由として、インフルエンサーやインターネット上の有名人までもがこの件に言及したことで、結果的に多くの人の目に晒されてしまったことが考えられます。

「モラハラの要素をすべて網羅している」といった内容のコメントをして、さらに「今は彼氏のことが好きで気付かないかもしれないけれど、あなたの彼氏はそういう男ですよ」と言い切ってしまったり、彼女を「モラハラ男に騙されている無知な若い女性」と決めつけて「あなたは洗脳されているんだよ」とか「私だったら気が付けるのに……」とああだこうだ口をはさむ大人たちの何と多いことでしょうか。私には、彼らの言動が純度100%の親切心からくるものであるとは到底思えませんでした。

©iStock.com

 実際、槍玉にあげられ、集中砲火を受けた彼女は「私たちはいつも仲が良いし、彼氏から人格否定をされていると感じたことはない。たった一部分だけを見て彼氏を判断しないでほしい」と反論し、自分が洗脳されていないこと、彼氏がとても優しくてまともな人であることを追加で説明しています。最終的には「不快な思いをさせてしまった人はごめんなさい」と謝罪をしたうえで、「どうかこれ以上彼の悪口を言わないでほしい」とまで言わなくてはならない状況に追い込まれていたのです。

「FF外から失礼します。あなたの彼氏はモラハラ男ですよ!」

 一般ユーザーのたったひとつのツイートを見て、彼らの人となりや関係性をまったく知らない人たちが「自己愛が強すぎて気持ち悪い」「なんで気付かないの? 馬鹿なの?」と粘着して叩き続けるのは、良く言っても「余計なお世話」であるし、星の数ほどある「クソリプ」の中でも、かなり悪質な類のクソリプだなあと思います。

©iStock.com

 もし周りの友人たちから「彼氏、どんな人なの? 大丈夫?」と声をかけられるのならまだしも、別に助けを求めているわけでもない何気ないツイートに対して、突然赤の他人たちから「FF外から失礼します。あなたの彼氏はモラハラ男ですよ! あなたは何も分かっていない! 別れるべき!」とか、「モラハラ特有の歪んだ優位性と共感能力の低さが怖い」とかずけずけと言われるなんて、本人からするとあまりにも失礼な話だし、誰も「彼氏を勝手にカテゴライズして好きなように言われて、一体彼女がどんな気持ちになるだろうか」、と考えることはしなかったんでしょうか。